ワンビ(加藤貴社長)は7月2日、NECパーソナルプロダクツ(高須英世社長)の「データ保護・漏えい対策サービス」のメニューとして、「遠隔データ消去サービス」を開発・提供を開始した。

 「データ保護・漏えい対策サービス」は、データ保護を目的とするサービスをパック化して提供するもので、「オンライン自動バックアップ」、「データ復旧サービス月額版」、「遠隔データ消去サービス」、「マカフィー・サイトアドバイザプラス」を組み合わせて利用することができる。

 今回、ワンビでは、同社の「トラストデリート2.0」をベースに、「遠隔データ消去サービス」を開発・提供。パソコンが万一、盗難や紛失にあった場合、パソコンや携帯電話を通じて、紛失パソコン内のデータを消去できるサービスとなっている。