Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの新版「SKYSEA Client View Ver.4」を7月7日に発売する。

 「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をキーワードに、資産管理やログ管理、ポリシーに沿った運用設定などをオールインワンで提供するパッケージソフト。新版では、現在企業にとって最優先の課題といわれている「コスト削減」のための機能を新たに搭載。たとえば、「サーバ削減シミュレーション」では、現状のサーバーの負荷状況や消費電力情報などをもとに、目標とする経費削減効果を実現できるサーバー統合計画を自動的に作成できる。

 また、情報セキュリティ対策に関しては、「USBメモリの一括管理」をはじめとする新機能などを新たに搭載した。「USB外部ストレージ管理機能」で、USBメモリを管理マシンに挿入するだけで、管理台帳へ自動的に登録でき、登録後も簡単に所有確認が可能となる。