伊藤忠テクノソリューションズ(CTC、奥田陽一社長)は、仮想化された情報システムを遠隔運用するサービス「RePlavail(リプラベイル)」を10月1日に始める。

 CTCが顧客システムの運用コンサルティングを手がけ、ヴイエムウェアと共同開発した運用フレームワークをもとにしてユーザー企業に最適な運用サービスを提供する。具体的なサービスは、「インフラ安定稼動」「リソース最適化」「データ保全」「ビジネスサポート」「ITガバナンス支援」「システム管理者支援」で構成する。CTCが持つ運用ノウハウを活用することで、最大30%以上運用コストを削減できるという。

 CTCグループで運用・保守サポートを手がけるCTCテクノロジーが約150名規模の「RePlavailオペレーションセンター(ROC)」から24時間365日体制で遠隔運用。全国約100か所のカスタマーサービス拠点からオンサイトサポートサービスも提供する。

 数百台以上のオープン系サーバーを保有する企業や、大規模なプライベートクラウドコンピューティング環境を構築する企業をターゲットに販売、3年後に50億円の売り上げを見込む。