富士通(野副州旦社長)は8月18日、LinuxディストリビュータのAsianux Corporation(Asianux)と協業しアジアでのサーバービジネスを強化すると発表した。

 富士通のPCサーバー「PRIMERGY」で、アジア地域でシェアが高いLinux「Asianux Server 3」の認証を完了した。認証されたサーバーは、ブレードサーバー「PRIMERGY BX920 S1」、2WAYラック型サーバー「PRIMERGY RX300 S5」、「PRIMERGY RX200 S5」。

 富士通は、Asianuxに技術サポートと関連情報を提供。中国や韓国、タイ、ベトナム、日本のLinuxベンダーで構成する「Asianuxコンソーシアム」と共同で、アジアの各機関や企業に、「PRIMERGY」と「Asianux Server 3」を組み合わせたデータセンターなどを提案する。

 一方、国内市場では、Asianuxの出資者で「Asianux Server 3」の共同開発者であるミラクル・リナックスが検証・販売する。「Asianux Server 3」と「PRIMERGY」によるシステム構築とサポートサービスはPFUが担う体制を整えた。