ターボリナックス(矢野広一社長)は、パートナープログラム「TurboPartners」にネットワーク機器販売などのジリオン・ネットワークス(ジリオン)が加入したと発表した。

 ジリオン・ネットワークスは、「Turbolinux Appliance Server 3.0」対応の自動シャットダウンソフト「PowerVisorZ for TLAS」と、ジーエス・ユアサパワーエレクトロニクス製のUPSをセットにし、サーバの電源監視などで停電時のシステム破壊やデータ喪失を防止するソリューション「GE3115-650J-LL/TLX」「BM1000-10FNJ/TLX」を販売する。

 今回、ジリオンは「TurboPartners」に加入することで、「Turbolinux 11 Server」や「TurbolinuxAppliance Server」に関する情報をリアルタイムで入手することで製品開発力を強化するほか、ターボリナックスと共同でマーケティング活動を展開する計画。