グレープシティ(馬場直行社長)は8月20日、.NET向けグリッドコンポーネントの最新版「MultiRow for Windows Forms 6.0J」を9月30日に発売すると発表した。

 「MultiRow for Windows Forms」は、紙伝票をそのまま入力画面にできる新しいコンセプトのコンポーネント。グリッドをヘッダー、フッター、繰り返し行というセクションで構成し、セクション内にセルを自由にレイアウトするユニークな設計モデルを採用している。これにより、開発者はVisual StudioでWindowsフォームを設計するのと同じ操作でセルを配置できる。

 最新版では、前バージョン「5.0J」との互換性やパフォーマンスを維持しつつ、条件付きセルスタイルやクロス罫線、ユーザー定義セルの連携強化、集計処理などエンドユーザーの生産性の向上につながる多くの機能を追加した。また、Windows 7やWindows Server 2008 R2といった最新環境にも対応している。

 価格は、「5.0J」から据え置きで、1開発ライセンスパッケージ版が12万6000円、ダウンロード版が11万3400円。なお、「5.0J」の登録ユーザーには期間限定で「6.0J」を無償提供する。