OSK(宇佐美愼治社長)は8月27日、統合型グループウェアの機能強化版として「eValue NS Rel.3」を9月17日に発売すると発表した。

 「eValue NS」は、ドキュメント管理、ワークフロー、スケジューラ、コミュニケーションの各アプリケーションを“分かりやすさ”“使いやすさ”“高い機能性”のコンセプトのもと、高次元で統合したグループウェア。今回の機能強化版では、「合議機能」「Web集計機能」「ソフトウェア自動更新機能」などの新機能を搭載するとともに、ユーザーの声を反映したさらなる機能強化を実施した。これによって、より快適な操作環境の提供と、効果的な業務効率の向上を実現した。

 税別価格は19万円(総合ライセンスパック・10ライセンス+メディアパック)から。アプリケーションごとの購入も可能となっている。同社では、2010年8月末までに1500本の販売を目標にしている。