MONET(前野泰章社長)は、米Protegrityの暗号化ソフト「Protegrity DPS(Data Protection System)」を10月1日に発売すると発表した。価格はオープン。

 「Protegrity DPS」は、マルチデータベースに対応したデータベースのカラム単位の暗号化ソフト。ユーザー(グループ)単位でデータベース上のデータ(カラム)の操作、閲覧権限を管理し、重要情報の漏えい、改ざんを防止する。また、統合管理機能により、ポリシーの一元管理とアクセス監査を簡単に行うことができる。これによって、管理コストを削減するとともに、内部統制、PCI DSSなどへの対応を容易する。

 暗号鍵の導入の際には、運用中のデータベースの設計変更や再インストールをする必要がなく、さらにOracle、MSSQL、DB2、Infomix、Sybase、Teradataなど、複数のデータベースタイプに対応し、幅広い応用範囲を備えている。