日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は9月9日、ソフトウェア開発の不良情報やその修正情報などをタイムリーに見える化できる「品質モニタリングツール」の出力機能を強化し、ソフトウェア品質管理ソリューション「QualityPro」の「品質分析サービス」に10月1日から適用開始すると発表した。

 「QualityPro」は、品質管理におけるコンサルテーションから品質検証作業、品質管理教育までをトータルに支援するソリューション。その中の「品質分析サービス」は、テスト工程の業務効率化と品質の評価・分析を支援するもので、このサービスに「品質モニタリングツール」を適用することで、開発現場への作業負荷を軽減できる。

 今回、「品質モニタリングツール」の出力機能を強化し、工程会議などでテスト工程の進捗報告を行う際にプロジェクト管理者が作成している品質評価報告書の自動作成機能や、あらかじめ登録している関係者への自動メール送信機能を追加した。これにより、プロジェクト管理者は、これまで手作業で報告書を作成していた時間を短縮できるとともに、報告書の書式が統一されることで他のプロジェクトとの比較も容易に行うことが可能となる。

 同社では、新しい「品質モニタリングツール」の適用で、「QualityPro」のさらなる強化を図り、ソリューション全体で、今後5年間で20億円の販売を目標としている。