ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は9月10日、イーダブリュエムジャパン、エイムラック、エクシード、オロ、コネクティ、スマイルワークス、ソリトンシステムズ、ビープラッツの各社と共同で、「クラウド・ビジネス・アライアンス(CBA)」を11月上旬に発足すると発表した。

 「CBA」は、日本国内におけるオープンなクラウドサービス市場の創出支援を目的として発足するもの。クラウドサービスにおいて階層化された各レイヤー(SaaS、PaaS、IaaS)の各々のサービス利用者が、異なるクラウドサービスを自由に組み合わせて利用できる、オープンソースなどによる共通APIの評価検証・実装とその公開を目指す。また、実際のビジネスへと展開されるクラウドサービスモデルを検討していく。

 10月には「CBA」への参画企業の一般募集を開始し、SaaS事業者、サーバーサービス事業者、データセンター事業者、ソフトウェアベンダー、SI事業者、システム開発会社、セキュリティサービス事業者、運用管理・保守事業者などの参加を想定している。

 ネットワンシステムズでは、「CBA」の運営事務局を担当するとともに、検証実験のためのクラウド環境を、関連会社のエクシードから米3tera社のクラウドOS「AppLogic」などによって提供する。このほか、エンジニアリソースの提供、海外クラウド関連技術会社との関係を通じた技術情報の提供、資金提供、評価・検証などのスペースの提供を行うことで、「CBA」の活動を全面的に支援する。