キヤノンソフトウェア(実松利幸社長)は、ワークフローシステム構築ソフトの最新版「Web Plant V1.2.1」を発売した。

 申請や承認、回覧、受発注といった企業の決裁業務を統合管理するソフト。07年8月の発売以来、約50社への納入実績がある。新版では、処理待ちの伝票を、自動的に立ち上げる機能や同じ処理を複数繰り返すループ処理機能などを追加。また、決裁権限を委任する際、「申請権限」と「承認権限」を個別に設定できるようにした。

 価格は小規模ユーザーや部門利用向けの「スタンダードエディション」が210万円(100ユーザーから)で、大規模ユーザー向けの「エンタープライズエディション」が577万5000円(ユーザー数無制限)。2011年までに売上20億円、70社への導入を目指す。