日立システムアンドサービス(林雅博社長)は9月16日、ソフト開発などのSkyと販売代理店契約を締結、Skyが自社開発するクライアント運用管理ソフト「SKYSEA Client View」の販売を10月1日に始めると発表した。製品とソリューションを含め11年度までに約4億円の売り上げを目指す。

 日立システムは、「SKYSEA Client View」をセキュリティソリューションブランド「Prowise.Security」のラインアップに追加して販売する体制を築く。これまでも法人向けのセキュリティソリューションを体系化して販売してきたが、Sky製品を加えることで、ログ統合監視や統合IT資産管理ソリューションを強化し、セキュリティビジネスの拡大を図る。

 「SKYSEA Client View」は、ネットワークに接続されたPCの資産情報収集やソフトのインストール、省電力モードへの強制設定などを管理者の端末から自動で行うことができるソフト。各PCの操作画面を表示することでの監視や、使用禁止のアプリケーションを検知し利用制限をかけること、操作ログの取得・分析などの機能も備える。