SAPジャパン(ギャレット・イルグ社長)とNTTデータ(山下徹社長)は9月17日、SAP製ERP「SAP ERP」と、NTTデータのバンキングネットワークサービス「ANSER」の相互接続を年内に終わらせ、導入サービスを提供することで合意したと発表した。

 SAPのユーザー企業は、SAPのERPシステムと「ANSER」に接続された全国の金融機関との間で、専用回線を使用した銀行取引データの連携が可能になり、複数行から同時にリアルタイムで、バンキングサービスを受けるられるようになる。

 SAPジャパンが「SAP ERP」を「ANSER」に直接接続する機能をサービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースの統合プラットフォーム「SAP NetWeaver」上に開発し、NTTデータが接続の技術面で協力する。両社は、年内に開発、検証を完了する計画で、SAP製品のユーザー企業への提案を進める方針。