OSK(宇佐美愼治社長)は、カスタマイズを強力に支援する高生産ツール「SMILE Custom AP Builder(SMILE CAB)」を10月20日に発売する。

 「SMILE CAB」は、ウィザード形式の画面から必要項目を設定していくだけで、アプリケーションを構築でき、柔軟にデータを集計・加工できる。「SMILE業務システム」を導入している場合は、複数の「SMILE業務システム」をまたがったデータ連携・参照が可能。また、パラメータを用いた開発ツールとしての機能も備える。

 OSKでは、「SMILE CAB」を利用してソフト開発する開発ベンダーも募集する。受託ソフト開発や業務パッケージ開発、「SMILE BS」の業種別テンプレート開発などで利用でき、OSKが認定したパッケージは、OSK販売パートナーにも販売推進する。

 税別価格は、「SMILEes Custom AP Builder 基本システム」と「同 設計ツール」が200万円から。「SMILE BS Custom AP Builder 基本システム」が30万円から、「同 for Plugin」が10万円から。なお、「SMILEes Custom AP Builder 基本システム」は、「SMILEes」基準情報に標準で搭載している。同社では、基本システムで年間350本の販売を目標にしている。