グレープシティ(馬場直行社長)は、クエスト・ソフトウェア(山岡英明社長)の販売代理店として、Java向けサーバーサイドコンポーネントの新版「JClass ServerChart 6.0J」および「同 ServerReport 6.0J」の日本語版を10月26日に販売開始する。

 「JClass ServerChart」は、円グラフや棒グラフなど、13種類の基本グラフから専門性ある拡張グラフまでを備えたチャートコンポーネント。グラデーションなどを使った美しいチャートが作成できる。新版では、塗りつぶしのパターンのスタイルを強化し、さらに表現力が豊かになった。また、グラフ内の領域にURLをマッピングする「イメージマップ」をグラフラベルにも拡張した。

 一方、「JClass ServerReport」は、PDFとRTF形式で帳票を生成するコンポーネント。用紙サイズやヘッダ/フッタ、各種スタイルなどあらゆる要素をきめ細かく設定できるAPIにより、自由度の高いデザインが可能となっている。新版では、フレーム内の子フレームを新たにサポートするほか、XMLの利便性を向上させた。

 両製品とも新版では、64ビット環境をサポート。さらに、ライセンス価格体系を見直し、1開発ライセンスは4コアCPUまで利用できるようになった。価格は、両製品とも1開発ライセンス23万9400円、1コアの運用ライセンスは55万4400円。