ソフトバンク・テクノロジー(SBT、石川憲和社長)は、ソフト開発などのトライポッドワークス(佐々木賢一社長)と企業向けセキュリティ事業で協業する。

 「SBTバーチャル・アプライアンス・サービス」と呼ぶクラウド基盤を共同開発し、第一弾のサービスとして、次世代型オンラインストレージを10月に発売する。新サービスは、データセンターに配置した専用仮想サーバーでデータを所有し、インターネット経由で情報を共有できるクラウド型オンラインストレージサービス。今後、両社は「SBTバーチャル・アプライアンス・サービス」を拡充し、中小企業から世界展開する大手企業まで、幅広く拡販していく。(木村剛士)