大塚商会(大塚裕司社長)は9月29日、オラクルDBユーザー向けに最新のオラクルDBへの移行を支援する「オラクルアップグレードサービス」を10月1日から提供開始すると発表した。

 「オラクルアップグレードサービス」は、大塚商会がこれまで蓄積してきたオラクル製品のノウハウをもとに、ドキュメントの共通化や作業の効率化を図ることで、従来と比べ移行期間を3割短縮できる。事前診断によるオラクル環境の把握を無料で行い、また顧客の要望に応じてさまざまなグレードの検証機を貸し出す体制を整え、アプリケーションの動作検証の負荷を軽減する。移行実施の際は、最適なアップグレード方法の提案、実施、さらにはアップグレード後の設定・運用アドバイスなどをトータルでサポートする。

 税別価格は、パッケージAP向けの「梅パック」が30万円から、パッケージカスタマイズAP向けの「竹パック」が60万円から、自社開発APユーザ向けの「松パック」が100万円から。オプションの「検証機貸し出しサービス」が10万円から。同社では、初年度50社への提供を目標としている。