ワンビ(加藤貴社長)と台湾の指紋認証ベンダーEgis Technology(イージステック、Lo Sen-Chou代表取締役)は9月30日、遠隔データ消去ソリューション「トラストデリート」において業務提携を行うことで合意したと発表した。

 この提携により両社は、PCの盗難による情報漏えいセキュリティ分野での協業を進め、両社のもつ資産・開発力の有効活用、業務提携によるグローバルなスケールメリットを生かしながら、経営基盤の強化を図る考え。

 また、イージステックでは、自社のブランドで米国、アジア圏(日本以外)において「トラストデリート」を販売するとともに、同社の得意分野であるパソコンへのバンドル販売を行っていく。