富士通(間塚道義会長兼社長)は11月9日、業務プロセス管理ソフトの新版「Interstage Business Process ManagerV11」を発売した。

 企業の業務プロセスをフロー図で「見える化」する機能ほか、各業務現場で定型化が難しい業務プロセスも管理できる機能を備えるプロセス管理ソフト。

 担当者ごとの負荷状況を、遅延も含めリアルタイムで把握、担当者の割り振りを実施・変更できる。また、担当者のノウハウなどをメモとして作業に紐づけて管理し、共有が可能で、作業の効率化と作業ミスを防止できるという。

 さらに、定型化できなかった現場の作業を、既存の業務プロセスとあわせて管理できる。そのため、複数プロジェクトの生産性を比較したり、取引会社も含めた一連の業務プロセスを分析し改善に役立てられる。

 製品は「Interstage Business Process Manager V11」(価格は600万円から)、「同 Analytics V11」(同300万円から)の2種類を用意。ともに10年1月下旬に出荷を開始する。