フォティーンフォティ技術研究所(FFR、鵜飼裕司社長)は、既知・未知の脆弱性攻撃からシステムを保護する「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能 for Windows 2000」のProfessional対応版を発売した。

 新製品は、7月13日にメーカーサポート終了となるマイクロソフトの「Windows 2000」の稼働維持を目的としたもの。「クライアントの台数が多く移行のための予算が組めない」、「使用している周辺機器が新しいOSに対応していない」、「カスタムメイドされたソフトウェアの新OSへの対応が困難」といった環境により、「Windows 2000 Professional」を今後も使用しなければならないユーザーに向けて、脆弱性を悪用した攻撃の成功を阻止するソリューションを提供する。

 税別価格は、3月10日から3月31日までが1000円、4月1日から12月31日までが2000円。なお、12月31日をもって販売を終了する。