広島県でソフトウェア開発・販売を行っているYuiコンピューティング(藤井猛社長)のECO対応車両管理システム「DECO(デコ)」の売れ行きが好調だ。このシステムは東広島市役所の公用車管理に採用されている。広島市でも、同システムを利用したノーマイカーデー運動を支援する市民啓蒙サイト「マイカー乗るまぁデーくらぶ」の運用を行っている。

藤井猛社長
 「DECO」は、もともと東広島市に対して納入した車両管理システムを横展開したものだが、「エコ」が時代を反映するキーワードとなっていることもあって、引き合いが高まっている。「メーカーを通して製品を知ったらしく、東海地方の自治体からも引き合いがあった」(藤井社長)という。

 自治体によっては、全体でカーシェアを行うところがあれば、部門ごとに車を割り当てて管理を任せるところもある。全体でカーシェアを行う方法に変える自治体が増えており、今後は需要が伸びるとみている。このシステムを利用すれば住民に公用車の稼働率を公表することが可能になる。同社は、直販によってシステムを販売している。藤井社長は「“エコといえば、ユイコム”となるよう、地元を中心に横展開したい」と、今後の方向性を語る。

 「DECO」では、動いている車両は何台で、整備に出している車両は何台かなど、稼動状況を管理し、車両の配分を最適化することができる。車を使いたい人がブラウザの画面上から予約、変更などを行う。その際、人事データと絡めて、権限に応じた車両予約を設定することができる。公用車を利用した後、運転日報を作成する際に給油状況、走行距離を入力して車両の燃費を分析することで、燃費効率のよい車を割り出し、環境負荷の軽減に結びつけることもできる。(鍋島蓉子)

「マイカー乗るまぁデーくらぶ」では取り組み結果の総計の算出も行っている