ソフトブレーンは5月21日、同日付けで実施した社長交代人事を発表した。新社長には、専務取締役を務めていた豊田浩文氏が就いた。代表取締役社長を務めていた秋山真咲氏は、取締役に就任した。トップ交代の理由は、秋山氏の健康上の理由としている。

 豊田新社長は、1967年東京都生まれで、早稲田大学法学部を卒業。91年に、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行後、95年に四谷第一法律事務所に移籍。98年に新東京総合法律事務所に移り、99年にソフトブレーンに入社した。08年3月から専務取締役を務めていた。

 秋山氏は、5月21日付けで取締役に退いた後、8月に開催予定の臨時株主総会で取締役も辞任する。