みずほ情報総研(西澤順一社長)は、内田洋行(柏原孝社長)が提供する「スーパーカクテル」をベースとして、食品・医療機器・化学業向けに、基幹業務システムの計画策定と導入構築プロジェクトを高度に支援する「PMO支援サービス for スーパーカクテル」の提供を本格的に展開する。

 「PMO支援サービス for スーパーカクテル」は、みずほ情報総研によるシステム構築の計画策定やプロジェクト管理のノウハウと食品・医療機器・化学業などに多数の導入実績をもつ基幹業務パッケージ「スーパーカクテル」を組み合わせたもの。「計画策定フェーズ」では、業種別テンプレートをもつ「スーパーカクテル」をベースとして計画策定支援を行い、システム化企画書を作成する。

 「導入構築フェーズ」では、策定した計画にもとづき、全体スケジュールや進捗管理、課題解決管理、品質管理などの支援、プロジェクト評価報告を行うことで、プロジェクトの管理負荷を軽減するとともに、リスクの低減とパフォーマンスの向上を支援する。

 みずほ情報総研は、食品・医療機器・化学業を中心として、基幹業務システムの構築を検討する中堅企業に同サービスを展開し、2014年度に10社以上への提供を見込んでいる。