浪潮(Inspur)は、4月23日、北京で「中国製造2025@浪潮」と題する戦略発表会を開催した。3月の全国人民代表大会で発表された 「中国製造2025」(中国製造業10か年計画)を商機と捉えて、スマート製造総合ソリューションを提供していく。総合ソリューションは、浪潮独自のハードウェアとソフトウェアを融合したものになるとみられる。

 戦略の第一歩として、浪潮は約20の組織と提携した「中国スマート製造情報化推進聯盟」を正式に設立した。聯盟は、スマート製造業に関する標準の制定と拡大を推進する。

 王興山・執行総裁は、「今後3年で、浪潮は大手企業向けのクラウド製品・ソリューションとサービス市場で、リーダーの地位を固める」と語った。(5月4日 睿商在線 余文)