TCSI(田口善一社長)は、サイバー攻撃による情報漏えいを強固に防ぐ秘密分散ソフト「PASERI(パセリ)」のPC版「PASERI for PC」を、9月1日に発売した。

森谷晃
部長
 PASERIは、すべてのデータが揃わなければ復元できないようにデータを分割する「秘密分散法」のAONT方式を採用し、情報漏えい対策として開発したソフト。データを1KBまで分割することができ、分割したデータがすべて揃っていれば容易に元データを復元することができるが、ある程度の数以上が欠けると元データへの復元が不可能になる。「情報は盗まれるもの」というコンセプトのもと、標的型攻撃を防ぐために開発した。

 秘密分散法を使ったPASERI for PCでは、情報を意味のないデータに変換・分割し、一片を内蔵ハードディスクに、一片をUSBメモリやWi-Fi経由のスマートデバイスなどの外部記憶装置、boxなどのパブリッククラウドに保管することによって、PCやタブレット端末から、万が一、分割片を盗まれても、データを復元できないようにした。森谷晃・プロダクトマーケティング部長兼プロダクト開発部長は、「モバイルワークやテレワークなどワークスタイル変革のニーズが高まるなか、PCやタブレット端末を安全に社外へ持ち出せる仕組みが求められている」と、製品化の背景を語る。

 TCSIでは、モバイルデバイスの活用によるワークスタイル変革に取り組もうとしているユーザー企業を対象に、PASERI for PCを販売していく。「マイナンバー(社会保障・税番号)制度の施行などにより、法規制も厳重化されるなか、情報システム部門などが意識しなくても、情報を安全に守ることができる環境を整えていく」との方針を示す。発売後1年間で30万台のデバイスに導入していくことを目指している。(佐相彰彦)