コニカミノルタビジネスソリューションズ(コニカミノルタビジネス、和田幹二社長)は、コニカミノルタグループが戦略事業の一つと位置づける「マネージドコンテントサービス(MCS)」の医療分野への展開を本格化させる。MCSはデジタルコンテンツを一元管理する基幹システムと、その情報の入出力を行う端末系システムを統合的に運用するもの。医療分野では、電子カルテやレントゲンなどの医用画像(PACS)、他の医院からの紹介状、患者の同意書、各種検査資料などをMCSベースで統合することで、医療業務の効率化や医療サービスの向上を目指す。

新野和幸
上席執行役員
 しかし、電子カルテや医用画像など、すでにデジタル化されている領域以外の、例えば他の医院からの紹介状や手術前の患者・家族からの同意書、検査資料の一部などは、紙データで保管されているケースが多く、MCS事業を推進するうえで大きな課題となっている。中堅・中小の病院では、いまだに電子カルテを導入していないケースも散見されることから、「アナログ情報が多数残っているのが、医療情報の一元管理の大きな障害になっている」と、コニカミノルタビジネスの新野和幸・上席執行役員ソリューション事業本部長は指摘する。

 そこで、医療分野向けMCS事業の第一弾として取り組んでいるのが、紙カルテをはじめとする紙で残されている関連資料の電子化サービスだ。医療分野における紙資料の電子化の専門企業であるエヌ・エス・エム(岐阜県大垣市、青山尚憲社長)と協業し、BPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)方式で電子化作業を請け負い、電子的な保存を全面的に支援するサービスを立ち上げている。

 医療関連の紙資料は、大きさやフォーマットがまちまちで、心電図のような細長い特殊なフォーマットもある。これをできる限り時系列で並べて、検索を容易にしたり、医師が使う電子カルテから、クリック一つで当該患者の過去の資料を紐づけて呼び出せるようにする、前段階の準備を進めているのだ。

 コニカミノルタビジネスは、こうしたMCSの情報システム基盤づくりを得意としているが、医療関連の紙ドキュメントの電子化BPOについては、医療向けBPOを強みとするエヌ・エス・エムと協業する。また、医療画像の扱いなど医療分野の専門的な知見については、コニカミノルタグループのコニカミノルタヘルスケアとの連携を進めることで、「ワンストップで医療分野におけるMCS事業を推進していく体制づくりを急ぐ」(新野上席執行役員)としている。

 病院や診療所、薬局をはじめとする地域医療連携が、国の政策で推進されるなか、電子的な管理や情報共有の基盤づくりが強く求められている。コニカミノルタビジネスが、ドキュメント管理において大きな強みを生かすことで、同領域におけるビジネスの拡大を狙う。さらに、医療分野で強みをもつSIerやITベンダーとの連携にも意欲的に取り組んでいく方針だ。(安藤章司)