レッドハット(ダーク・ピーター・ヴァン・ルーウェン暫定社長)、デル(平手智行社長)、インテル(江田麻季子社長)、ブロケードコミュニケーションズシステムズ(ブロケード、青葉雅和社長)は、10月20日、OpenStackを使用した通信とサービス事業者向けクラウド型NFVソリューションの共同検証実験を実施したと発表した。

クラウド型vCPEソリューション イメージ

 従来、企業では各拠点に顧客構内設備(CPE)と呼ばれるさまざまネットワーク機器を設置し、通信・サービス事業者のネットワークを介して、WANを構成する必要があり、企業はCPEの管理とコストの面で非常に大きな負担を強いられていた。こうした状況のなか、レッドハット、デル、インテル、ブロケードの4社は、デルが設立したオープン標準を利用した柔軟なクラウド環境を推進するコンソーシアム「Open Standard Cloud Association(OSCA)」を通じて、サービス事業者とサービスを利用する企業の双方にメリットのある仮想WANサービスの実現に向けた検証を実施した。

 共同検証実験は、ブロケード社内の「NEW IPラボ」で今年7月に実施。デルのDell PowerEdge R630サーバー1台に、OpenStackを構成するレッドハットのRed Hat Enterprise Linux Open Stack Platform 7、ブロケードのBrocade 5600 vRouter仮想ルータ、インテルのデータプレーン開発キット(DPDK)などの製品技術を組み込んだ環境で行われた。検証では、1台のサーバーに40インスタンスの仮想ルータ(vCPE)を集約し、40Gbインターフェース最繁時の各インスタンスの通信性能を1Gbps均等に維持して、計40Gbpsの通信性能を達成した。

 今回の検証実験によって、「クラウド型vCPE」を利用したNFVソリューションとしては、業界に先駆けて高い水準の通信性能が実証されたことになり、サービス事業者の商用化に向けて大きな弾みになるとみられる。この検証結果を受けて、レッドハット、デル、インテル、ブロケードの4社は、16年頃の商用展開を目指し、4社間で今後の協力関係や共通のチャネル構築について、協議を進めていく方針。