ナレッジスイート(稲葉雄一社長兼CEO)は、10月26日、 ウェブサイトからの問い合わせや展示会・イベント・セミナーなどで獲得した見込み顧客情報に自動で企業基礎情報を付与する、マッシュアップ型ウェブAPI「DRS」を提供すると発表した。

 DRSは、企業が必要となる情報をインターネット上から探し出し、整理してDB化するSaaS型マッシュアップクローリングサービス。情報の鮮度を重視し、リアルタイムに最新の会社基礎情報をインターネット上からクロールし、収集・整理、DB化までの自動化サービスを提供する。これにより、獲得した名刺から、1件1件会社基礎情報を調べDB化しなければならないマーケティング担当者の手作業を自動化することができる。

 DRSを通じてマッシュアップされたデータは、「KnowledgeSuite」や「GEOCRM」をはじめ、各種SFA/CRMサービスやマーケティングオートメーションサービス、名刺管理サービス、ERPや会計システム、インサイドセールスなどの各ウェブサービスと連携することで、見込み顧客の可視化が実現できる。また、各種与信データや企業データ、取引データなど、必要な情報を追加付与しマッシュアップしていくことも可能となっている。

各ウェブサービスと連携するマッシュアップ型ウェブAPI「DRS」

 価格は、「メールフォーム DRS」(法人番号なし)が月額980円から、「メールフォーム DRS Power」(法人番号付)が月額1980円から、「DRS」(標準サービス)が月額3万8500円から、「エンタープライズ DRS」が月額9万8000円から。同社では、年間で300社の契約を目標としている。