テンダ(小林謙社長)は、これまで法人向け商材として開発してきたアプリケーション群をクラウド化し、新たなブランド「TEんTO(テントウ)」シリーズとして提供を始めた。

林貢正
取締役
 クラウドのインフラを自由に選べるのが最大の特徴で、TEんTOシリーズのアプリケーションは、テンダの自社インフラによるSaaSとしての提供のほか、サードパーティのIaaS上での運用も可能だ。さらに、1万ユーザー以上で利用する企業に限っては、プライベートクラウド上に環境を構築することもできる。

 同社はこれまで、直販を中心にビジネスを拡大してきたが、TEんTOをきっかけに、パートナー経由のビジネスを拡大していく方針だ。林貢正・取締役は、「クラウドサービス事業者も、インフラ単体のビジネスだけでなく、そのうえに乗るアプリケーションの品揃えを充実させ、パッケージ化して提供することでビジネスを拡大したという意向があり、そうしたベンダーは当社とWinWinの関係が成り立つ。また、SaaSを集めて再販するディストリビュータやマーケットプレース経由での販売も、拡販を強く後押ししてくれると考えている」と説明する。

 TEんTOシリーズの第一弾としてリリースされたアプリケーションは三つ。まず、2200社4000ライセンス以上の導入実績をもつマニュアル自動作成ソフトの「Dojo」を、「TEんDo(テンドウ)」という商品名でクラウドサービス化した。また、TEんDoで作成・編集したコンテンツを配信することができるクラウド型eラーニングシステムとして、「GAKTEん(ガクテン)」もリリースしている。さらに、社内コミュニケーション用ツールとして、チャット機能やToDoリスト、ファイルを一元管理する「TEんWA(テンワ)」も提供する。林取締役は、「とくにDojoの機能をクラウドで使えるようにしたいというニーズは大きかったので、既存のお客様にも大きなメリットを感じていただけると考えている」と、自信をみせる。

 今後は、グループウェアやCMS、ECサイト構築システムなども、順次TEんTOシリーズにラインアップしていく予定で、APIを充実させ、他社アプリケーションとの連携も実現し、「プラットフォームとしての機能を強化していきたい」(林取締役)という。(本多和幸)