VAIO(大田義実代表取締役)は、ソニーマーケティングの通販サイト「ソニーストア」で購入可能な「法人向けカスタマイズモデル」のOSの選択肢にWindows 7とWindows 8.1を追加し、4月12日に受注を開始した。

 対応モデルは、「VAIO S11」がWindows 8.1 Pro Update 64ビット、「VAIO S13」がWindows 8.1 Pro Update 64ビットとWindows 7 Professional SP1 32ビット、「VAIO Z(クラムシェルモデル)」がWindows 7 Professional SP1 64ビット、「VAIO Pro 13 | mk2」がWindows 7 Professional SP1 32ビットとWindows 7 Professional SP1 64ビット、「VAIO Fit 15E | mk2」がWindows 7 Professional SP1 32ビットとWindows 7 Professional SP1 64ビットとなる。

 同社では、法人企業を中心に需要がある両OSをカスタマイズモデルに追加することで、顧客ニーズに対応していく。