シャノン(中村健一郎代表取締役)は、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM(SMP)」で、ターゲット企業(アカウント)単位での行動分析ができる「アカウント・ベースド・プロファイル」を、SMPの標準ダッシュボードに搭載すると発表した。

 アカウント・ベースド・プロファイルでは、SMPに蓄積されるマーケティングデータから、ターゲットとなる企業単位でのアクティビティを可視化・分析することができる。これにより、従来のリード単位でのアクティビティ分析では読み取れない「企業の組織としての動向(購買プロセスのフェーズ、情報収集・検討・比較のタイミングなど)」を把握したうえで効果的なマーケティング活動を実施することができるようになる。

 また、営業担当者にとっても、分析結果から既存顧客の企業内部やグループ企業での横展開、同様のプロファイルをもつ新規企業の開拓など、個社別のセールスプランの立案と戦略的アプローチが可能となる。