ディー・ディー・エス(DDS、三吉野健滋社長)は7月7日、次世代オンライン認証規格FIDO(Fast IDentity Online)に準拠したmagatama(マガタマ)認証局によるオンライン本人確認サービスを7月から提供すると発表した。

 FIDOは、「ID・パスワードに依存しない新しいオンライン認証」の通信規格。認証はクライアント側で完結し、サーバー側に一切の個人情報を送信しないため、漏えいの心配がない。サーバー側では、クライアントとの間で公開鍵ベースの認証プロトコル(PKI)でユーザー認証を実現している。OpenID ConnectによるID連携を採用しており、インターネット上にある様々なサービス・ウェブサイトなどを利用する際、一度の認証で複数サービスのログインが可能となる。

 生体認証機能をもたないスマートフォン、タブレット、PCについてはエンドユーザー向けにウェアラブル指紋認証端末であるマガタマデバイスを提供する。また、各端末用のマガタマアプリ、サーバー構築用のSDKも提供する。

 同社では、通信事業者から金融機関や一般企業までBtoCによる会員管理を行っている企業を対象に、FIDO準拠の本人確認サービスを提供する。認証サービスの運用開始のために、国内初となるパイロットサービスを提供し、あわせてサーバー向けのFIDO認証機能の導入キットを7月19日から提供する予定。導入キットには、FIDOに準拠したスマートフォン用アプリ、マガタマデバイス2個、接続用アカウントが含まれる。価格はオープン。