エフセキュア(キース・マーティン カントリーマネージャ)は8月30日、サイバー・ネット・コミュニケーションズ(Cynet、山路熟CEO)と「F-Secure SAFE」の販売契約を結んだと発表した。

 この販売契約により、Cynetは、エフセキュア独自の高精度セキュリティエンジンを搭載したマルチプラットフォーム対応「F-Secure SAFE」をカスタマイズした家庭向けセキュリティサービス「J-SAFE」の提供を開始する。J-SAFEは、iPhoneにも対応したマルチプラットフォームサービスで、1ライセンスで複数端末に利用できるため、家族全員が安心してインターネットを利用できる環境を提供する。

 利用者は、ウェブベースの管理コンソール「My J-SAFEポータル」から、対象の端末を一元管理することが可能。サンドボックスやパターンファイル、ファイルレピュテーションなど複数のテクノロジーを組み合わせたウイルス・スパム対策機能、フィッシング対策などのインターネットセキュリティ機能、ペアレンタルコントロール機能を提供。子供が閲覧可能なウェブサイトのカテゴリ指定、1日にインターネットを利用できる時間帯や合計時間の制限などを設定することができる。

 Cynetでは、8月30日からJ-SAFEを提携プロバイダに提供しており、エンドユーザーは、契約しているプロバイダを経由して、月額で利用することができる。