日立マクセル(勝田善春社長)は9月1日、持ち運びが容易で、壁や机上など、さまざまな場所に、最大50型の大画面を投写できるポータブル・超短投写LEDプロジェクター「SP-1J」を10月に発売すると発表した。

 超短投写プロジェクターは限られたスペースで大画面の映像を投写できること、発表者の影が映りこみにくいことなどの特長から、ビジネスや教育の場で本格的な活用が始まっている。今回の新製品は、独自の光学技術を搭載することで、従来の製品の約3分の1の質量を実現。本体は丸みをおびたコンパクトなデザインで、厚さ65mm、重さ1.2kgと持ち運びも容易となっている。

 また、縦置きして机上に36型の大画面映像を投写できるため、今までのディスプレイでは実現できなかった新しい使い方を提案する。例えばグループミーティングの際、机の上に映像を投影することで、全員が同じ映像を見ながらフェイスツーフェイスで議論ができるため、生産性の高い会議が行える。スマートフォンやタブレット端末とワイヤレス接続ができるため、出張先であっても手持ちの端末から壁や机にプレゼンが可能となる。

 光源には赤色、緑色、青色の3色LEDを採用。色再現性が高く鮮明な映像が表示できる。このほか、スマートフォンやタブレット端末をタッチするだけで無線接続ができるNFC機能や、1Wのスピーカーを搭載している。また、日立独自の映像処理技術である「HDCR(High Dynamic Contrast Range)」を初めて自動化。周囲の明るさ・暗さを問わず、外部環境に合わせた最適映像の表示ができるようにした。価格はオープン。