ネットワンパートナーズ(川口貴久社長)は10月6日、日本アバイア(和智英樹社長)とディストリビュータ契約を結び、中堅・中小企業向けUC(ユニファイド・コラボレーション)ソリューション「Avaya Office」をパートナー企業経由で発売した。

 Avaya Officeは、スマートフォンやタブレットによるモバイル利用にフォーカスしたうえ運用管理が容易で専門知識が不要、という特徴を持ったパッケージソリューション。モバイル利用では、電話機能に加えて1台の端末で外線・内線双方を利用でき、固定電話に依存せずに、スマートフォンを中心としたコミュニケーション環境を実現。スマートデバイス上で、各種電話機能/ビジネスチャット/プレゼンス/電話会議など、UC機能すべてが簡単な操作で利用できる。一方、運用管理については、ユーザーの追加・変更・削除などのほとんどの設定をウェブ上のGUIで直感的に操作できるため、PBX (構内交換機)の専門知識や専任のIT運用担当者が不要となり、作業負荷や運用コストも削減することができる、としている。

 ネットワンパートナーズではすでに、大規模企業向けにシスコシステムズのUCソリューションを提供しており、今回、新たに中堅・中小企業向けにAvaya Officeを取り扱うことで、顧客の要望に適したソリューション提供が可能となる。