東京エレクトロンデバイス(TED、徳重敦之社長)は、1000fpsで8bit階調の映像を最少遅延3msで投影できる世界最速レベルの高速プロジェクタ「DynaFlash」を10月19日に発売した。

 TEDと東京大学石川渡辺研究室では2014年5月から、プロジェクタのフレームレートを高速化する共同研究を行い、15年7月に1000fpsで8bit階調の映像を最少遅延3msで投影できる高速プロジェクタ試作機を開発した。これにより、移動体へのプロジェクションマッピングを実現し、高速な投影制御技術を用いたさまざまな研究システムの開発が可能となった。

 今回の新製品は、試作機の小型化とインターフェースの改良によって、操作性を向上し、設置場所の制約を少なく高速投影を実現した。きょう体サイズは260mm×270mm×120mm、質量4.5kgと、一般的なプロジェクタと同等のサイズ。容易に持ち運びができ、各種研究でのさまざまな実験・評価環境に柔軟に対応できる。また、画像処理用PCとのインターフェースにPCI Express 光I/Fを採用、本体と画像処理用PCを離れた場所に設置できるようになり、実験スペースの上に天吊りするといった利用も可能となったとしている。

 同社では、高速ビジョン、3次元計測・認識、可視光通信、拡張現実(AR)、インフラ測定・計測など高速光投影制御技術を用いた研究開発を行う企業・大学・研究機関向けに、販売していく。また、カスタマイズや、新製品に関連するデザインサービスの販売活動も行う。