ニフティ(三竹兼司社長)は10月25日、IoTに必要な各種機能を「ニフティクラウド」上の機能として提供する「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」を大幅に拡充し、機械学習機能とデータ可視化機能の試用版と、「ニフティクラウド スクリプト」「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」の正式版の提供を開始した。機械学習機能とデータ可視化機能については、試用版利用者からのフィードバックをもとに改良して、2017年春に正式版を提供する予定。

 まず、試用版となる機械学習機能の「ニフティクラウド Machine Learning」(トライアルα版)は、高度な専門知識をもたなくても機械学習を実行できる機能。機械学習の手法の一つである「教師あり学習」(あらかじめ正解が分かっているデータ群をもとに、データから未知の正解を予測する方法をコンピュータに学習させる手法)に対応し、データの前処理や分析モデル構築、アプリに適用するためのAPI化が可能となっている。また、データ可視化機能の「ニフティクラウド Data Visualizer」(β版)は、収集したデータをBIとして可視化する機能となる。

 一方、正式版のニフティクラウド スクリプトは、サーバーを用意することなく、コントロールパネルからサーバーサイドスクリプトを設置、実行できる機能。また、ニフティクラウド IoTデバイスハブは、IoT化したいデバイスにSDKを組み込みクラウド側で認証、各デバイスやデバイスに紐づく個々のユーザーを管理できる機能。デバイスからオン/オフ情報や画像などのデータを収集して制御することができる。

 今回の機能拡充により、ニフティクラウドIoTプラットフォームでは、IoTデータの収集、蓄積、分析から分析結果に対応したタスクの自動実行まで、一連のIoTデータ活用プロセスをワンストップで可能となったとしている。