クオリティア(松田賢代表取締役)は、地方自治体向けのメール無害化ソリューション「Active!zone」に、標的型攻撃対策に有効なマクロの除去などの3つの機能を追加し、11月8日に発売した。

 Active!zoneは、添付ファイルの無害化、HTMLメールのテキスト変換、URL文字の無害化機能に加え、スパム対策、ウイルスメール対策などさまざまな無害化処理を実装し、総務省が推奨する「自治体情報システム強靭性向上モデル」をサポートする。今回の機能強化版では、添付ファイルの無害化をより強固にするため、「マクロの除去」「添付ファイル画像化」「添付ファイルの分離」の機能を追加した。

 これにより、単純にすべての添付ファイルの削除を行うのではなく、最大限にセキュリティを確保した安全性と地方自治体の実務を考慮した利便性の向上を実現した。また、わかりやすく直観的な操作性を取り入れることで管理者の負荷を軽減したほか、地方自治体だけでなく企業向けへの標的型攻撃対策としても活用できる。とくに、添付ファイルの画像化機能は事前に中身を確認することで、悪意あるファイルをダウンロードしてしまうリスクを抑えることができるようにした、としている。