東芝インダストリアルICTソリューション社(錦織弘信社長)は、人財管理ソリューションのラインアップに、SAPのタレントマネジメント・クラウドサービス「SAP SuccessFactors」を追加、11月9日に発売した。人財管理ソリューション「Generalist」シリーズに加えて提供することで、人材管理基盤の提供だけでなく、質が高く高効率なタレントマネジメントの実現を支援する。

 Generalistは、企業に勤める「人」を企業の「財産」と考え、社員一人ひとりのスキルやコンピテンシーを最大限に引き出し、企業経営の強化を支援する「人財管理ソリューション」で、人事給与・就業管理システム、eラーニングなどの教育管理モジュールを備えている。一方、SAP SuccessFactorsは、人材管理領域のなかで最もニーズの高いタレントマネジメント領域をカバーするクラウドサービスで、全世界の多くの企業に採用実績がある。

 東芝では今回、SAP SuccessFactorsをラインアップに追加することで、すでにGeneralistを導入している企業だけでなく、多くの企業に対して、SAPジャパンとマーケティング活動を連携し、グローバルな人材管理を可能にするタレントマネジメント・ソリューションを提案していく考え。