東京エレクトロンデバイス(TED、徳重敦之社長) は、Image Matters(本社・ベルギー)との間で、放送・医療機器向けビデオコーデックモジュール「ORIGAMI MODULE B20」の製造許諾権と日本・北米・APACエリアにおける独占販売権で契約を結び、11月10日に発売した。

 IGAMI MODULE B20は、ザイリンクスの最新FPGA「Kintex Ultrascale」とDDR4-SDRAMメモリ(4GB)を搭載し、画像機器の開発に必要な主要部品をすべて名刺サイズに集積した小型モジュール。ユーザーはキャリアボードにORIGAMI MODULE B20の実装スペース、信号接続用のパッド、電源を用意するだけで、高速シリアルIFを搭載したビデオ・コーデック・システムを短期間で開発することが可能となる。主要機能をモジュール化することでさまざまなアプリケーションを汎用的に使用することができ、少量多品種の製品を開発しているユーザーにコストメリットを提供する。また、FPGAデータ、ユーザービデオコンテンツの著作権保護に必要なタンパーICを搭載し、製品の市場投入後のセキュリティが万全となる開発が可能。品質保証、供給保証を充実させることで、設計リスク低減や安定供給も実現するとしている。

 TEDでは、ORIGAMI MODULE B20を国内で製造して日本、北米・APACエリアを中心に、4K/8Kカメラ、伝送装置などの放送機器、画像検査装置などの医療機器向けに、2019年までに22億円の販売を目標としている。

 また同時に、ORIGAMI MODULE B20のPCI Express評価プラットフォームの「ORIGAMI CARRIER B21」を発売する。インターフェースを充実させ、PCI Express Gen3経由でのORIGAMI MODULE B20への画像データの入出力やSFP+モジュール経由での外部機器との通信を可能になるとしている。