チエル(川居睦社長)は11月10日、インソース(舟橋孝之社長)との間で、企業向け研修のグローバル人材育成分野と研修関連ツール分野の2分野で、業務提携したと発表した。今回の提携でチエルは、インソースの研修プログラムに沿った最適なソリューションを提供することで、社会人・企業内教育研修の分野に参入する。

 今回の業務提携は、チエルが学校教育分野で提供している語学教育サービスや、電子黒板を含むアクティブ・ラーニング向けソリューションを、インソースの研修プログラムや研修ツールラインアップに組み込むことで、企業のグローバル人材育成支援と、効率的な研修運営の支援を行うことを目的としたもの。

 第一弾として、チエルのクラウド型教材配信サービス「CHIeru.net」を、インソースの子会社のミテモ(澤田哲也代表取締役)を通じて、社会人・企業内教育研修向けに提供する。これにより、インソースのグローバルマインド醸成研修に加え、英語のeラーニングを顧客にワンストップで提供できるようになり、グローバル人材育成ニーズに幅広く対応することが可能となる。

 第二弾では、チエルが提供する電子黒板を含むアクティブ・ラーニングソリューションを、インソースを通じて社会人・企業内教育研修向けに販売する。これにより、研修と研修関連ツールをワンストップで提供することができ、研修担当者の負担を軽減するとしている。