アイネット(梶本繁昌社長)とネオジャパン(齋藤晶議社長)は11月15日、両社の強みを融合した共同事業を展開していくと発表した。ネオジャパンのチャットシステム「ChatLuck」クラウド版を、アイネットの次世代型クラウド基盤「Next Generation EASY Cloud」上で、本格的に稼働を開始する。

 ネオジャパンは、国内最高クラスのデータセンターを利用することで、ビジネスシーンに必須となる高い安全性を備えたサービス環境を確保。顧客の機密データの保管場所が明確になるため、厳しい監査にも対応することが可能となる。また、アイネットの仮想化スペシャリスト部隊「VOC(Virtualization Operation Center)」から、技術面、運用面など全面的にサポートを受けることができ、安心してサービスを提供することができるとしている。

 Next Generation EASY Cloudは、ヴイエムウェアが提供する最新技術を取り入れたクラウド基盤。ヴイエムウェアの最新動向を把握しながら継続的に進化させていく体制にある。拡張性、柔軟性に優れ、コストを抑えたクラウド版を実現しており、提供価格を抑えたまま、ChatLuckクラウド版を提供することができる。このほか、アイネットのCDP技術を採用しているバックアップサービス「DataComfort」を利用することで、高速バックアップ(フルと差分)を短時間で取得することが可能となった、という。

 ChatLuckクラウド版の利用者は、少人数の企業やチームでも手軽に導入することができ、機密情報を含むチャットであっても情報漏えいリスクを限りなく軽減でき、安心安全に利用することができるとしている。ChatLuckクラウド版の提供価格は、初期費用が無料、月額費用が1ユーザー300円。