ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、最新Linux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP1」に対応した高可用性クラスタソフトウェア「MIRACLE CLUSTERPRO X 3.3」を11月16日に発売した。また、シングルサーバーの可用性向上を実現する「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 HA」も同時に発売した。

 MIRACLE CLUSTERPRO Xは、NEC製のフェイルオーバー機能をもつHAクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO X」とミラクル・リナックスのLinux OSを組み合わせたパッケージ製品。今回の新バージョンを利用することで、顧客はハードウェアの選択肢が広がり、障害・災害時やメンテナンス時などのシステム停止の際に、安全に業務継続を実現することが可能となる。

 一方、シングルサーバー向けのAsianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 HAでは、仮想化環境での利用など高い可用性が求められる環境での安定した運用を実現する。

 税別価格は、「MIRACLE CLUSTERPRO X(MIRACLE LINUX V7)2CPU」が60万円、「MIRACLE CLUSTERPRO X(MIRACLE LINUX V7)2VM」が60万円、「MIRACLE CLUSTERPRO X 1CPU追加オプション」が30万円、「MIRACLE CLUSTERPRO X(MIRACLE LINUX V7)1VM追加オプション」が30万円、「MIRACLE CLUSTERPRO X(MIRACLE LINUX V7)1ノード追加(CPU)」が30万円、「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 HA[1CPU]」が9万円、「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 HA[1VM]」が9万円、「Asianux Server == MIRACLE LINUX HA 1CPU追加オプション(CPU)」が4万5000円、「MIRACLE CLUSTERPRO  X HA 1CPU追加オプションサポート」が1万5000円。