アイキューブドシステムズ(佐々木勉社長)は11月30日、MDMサービス「CLOMO MDM」がmacOSの管理に対応したと発表した。

 今回の対応により、CLOMO MDMは、「デバイス利用状況の確認」「機能の遠隔設定・制限」「盗難・紛失時の緊急対策」など、iOS、Android、Windowsと同様の遠隔管理をmacOSに対しても行えるようになる。企業、教育機関、医療機関のIT管理者は、CLOMO MDMを利用することで、デバイスの種類やOSを問わずに、スマートフォン、タブレット、パソコンなどを一元管理することが可能となる。

 同社では引き続き、スマートデバイスの導入や活用に取り組む企業、教育機関、医療機関の課題を解決し、ビジネスを支援していく考え。