キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、坂田正弘社長)とキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、神森晶久社長)は12月13日、OS混在環境でのクライアント管理を実現する教育機関向けソリューション「in Campus Device2.0」を、2017年1月上旬に発売すると発表した。

 両社は、明治大学と共同で構築した教育支援システム「Oh-o!Meijiシステム」をベースにした教育機関向けソリューション「in Campus Series」を14年から展開。15年には同ソリューションの新機能として、クライアントPCを一元管理できる「in Campus Device」を発売し、東京大学をはじめ多数の教育機関に導入してきた。

 今回の新バージョンでは、クライアントPCがMac端末だけでなくWindows端末でも統合的な管理ができ、OSの異なる混在環境や点在する端末の運用管理を効率化する。また、システム管理者の作業負荷が大きいセキュリティパッチやバージョンアップなどのぜい弱性対策も、vThrii-P ProやvThrii-P Lightと連携することで、セキュリティを強化し業務の効率化を実現するとしている。

 税別価格は、「in Campus Device構築サービス」が100万円から、「vThrii Seamless Provisioning連携」がオープン。販売にあたっては、キヤノンITSがシステム開発を担当し、キヤノンMJが直販とパートナー企業の販売網を活用して事業展開することで、教育機関のICT環境の整備を推進していく。