ファイル管理サービスを手がける億方雲(FangCloud、程遠CEO)は11月21日、シリーズA+ラウンドを通じて、840万米ドルの資金を調達した。鳳凰科技などの中国メディアが報じた。

 同社は2013年設立のITベンチャー。クラウドストレージ大手「Box」などの出身者で開発チームを構成している。主力商材の法人向けファイル管理SaaSは、すでに中国国内で8万社が導入。最近では、中国クラウド最大手の「阿里雲」と戦略提携し、販路を拡大している。

 中国では近年、SaaSビジネスを手がけるITベンチャーが急増。調査会社IDCでは、中国SaaS市場の15~20年の年平均成長率(CAGR)を26.7%、20年の市場規模を18億2490万ドルと予測している。(真鍋 武)