米レッドハットは、スケーラブルでアジャイルなクラウドIaaSソリューションの新バージョン「Red Hat OpenStack Platform 10」の提供を開始すると発表した

 新バージョンは、アップストリームのOpenStack「Newton」リリースをベースとしており、システム全体のスケーラビリティ向上、インフラストラクチャ管理の容易化、オーケストレーションの改良を実現する新機能に加えて、ネットワーク性能とプラットフォームセキュリティを強化した。さらに、新しいソフトウェアライフサイクルを導入し、最大5年間のサポートをオプションで提供する。

 Red Hat OpenStack Platformは、Red Hatが強化したOpenStackコミュニティコードと統合。可用性、性能、ITセキュリティといった要件を損なうことなく、スケーラビリティと顧客要望に迅速に対応できる俊敏性を実現する。また、OpenStackインフラストラクチャコンポーネントだけでなくOpenStackクラウド上で稼働するワークロードも監視できるハイブリッドクラウド管理と監視プラットフォームであるRed Hat CloudFormsも含まれている。さらに、Red Hat Ceph Storageによって64TBのストレージ容量を提供するほか、ユーザーはOpenStack環境向けの主要ストレージソリューションであるCephがもつ柔軟でスケーラブルな特性をより深く評価することができる、としている。