【アナハイム発】米シトリックス・システムズ(米シトリックス)が米国・アナハイムで開催中のパートナー企業向けプライベートイベント「Citrix Summit 2017」(米国時間で1月9日から11日)で、キリル・タタリノフ社長兼CEOが登壇、2017年の戦略について語った。

201701101221_1.jpg
キリル・タタリノフ社長兼CEO

 タタリノフ社長兼CEOは、16年がパートナー企業との協業強化で成長を遂げたことから、今回のイベントのテーマでもある「Winning Together(一緒に勝っていく)」を17年のキーワードとして標榜。スポーツを例にあげて、「トレーニングを行ったり、課題を克服したり、相手を攻略したりと、さまざまなことを実施しなければ勝つことはできない」と説明した。

 また、デジタルトランスフォーメーションへの移行やITの複雑性、サイバーセキュリティ対策、技術と製品のギャップなど、ユーザー企業を取り巻く環境が多様化しているなか、シトリックスが力を入れていく分野として、「クラウド」「IoT」「モバイル」「AI」「サイバーセキュリティ」の5つをあげた。

 なお、晴れが多く暖かい気候のアナハイムだが、初日の朝は雨。それにもかかわらず、基調講演は多くの参加者で混雑していた。講演の終了後は、雨が止んでおり、その後はさわやかな気候となった。(佐相彰彦)
 
201701101221_2.jpg
初日は朝に雨が降っていた「Citrix Summit 2017」