GDEPソリューションズ(長崎敦司社長)は1月11日、米スターネット・コミュニケーションズと正規代理店契約を結び、ウェブブラウザからLinuxサーバーへの高速リモートアクセスを可能にするツールとして、「FastX(ファスト・エックス)」の国内販売を開始すると発表した。CAD/CAM/CAE、ビッグデータ解析、人工知能などのユーザーやクラウド事業者を販売ターゲットに、初年度2000ライセンスの販売を目指す。

 FastXは、次世代のPC Xサーバーソフトウェアで、通常では表示に利用するXプロトコルの代わりに、あらゆるネットワーク環境、クライアント環境でも快適に実行できるよう、オリジナル開発したFastXプロトコルを使用している。これにより、オンプレミスやクラウド環境などにあるハイエンドのLinuxアプリケーションを、PC、Macやタブレット、スマートフォンなどから、クライアント性能やネットワーク帯域を問わずに簡単・快適に利用することが可能となる。また、ハイパフォーマンスでの表示・画面操作を実現しており、3D/OpenGLレンダリングも快適に表示する。

 さらに、クライアント環境に専用ソフトを追加しなくても、ツールの起動、サーバーへのアクセス、管理ツール、Linuxアプリの操作に至るまで、ブラウザ内でGUIを使って簡単に行うことができる。

 税別価格は、1ユーザー3万9800円(初年度メンテナンス含む)。使いやすさを体験できる無料評価版も提供する。