京セラコミュニケーションシステム(KCCS、黒瀬善仁社長)は1月17日、広告配信サービス「KANADE DSP」で、iOSとAndroidOSに対応したスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始した。

 リエンゲージメント広告は、EC事業者などが提供するアプリをすでにインストールしているユーザーに対して、自社アプリの利用促進を目的に広告を配信する手法。今回提供するスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告では、計測ツールとの連携により、ユーザーのアプリ利用状況を分析し、パーソナライズされたレコメンデーションバナーをアプリ広告枠に配信する。

 通販・旅行・不動産・人材紹介など、多品種を扱う広告主のユーザーに、興味関心に基づいたコミュニケーションを行うことで、自社アプリの利用頻度の向上や休眠ユーザーの呼び戻しを実現する。

 KCCSでは今後も、スマートフォンアプリ向け広告配信の強化に向け、接続する計測ツールの拡充に努めるとともに、O2Oソリューション「KANADE APPS」との連携を強化し、アプリを活用したマーケティングのROI最大化を支援していく考え。